topimage

ストーリー

 血統書付きで差別主義者の父と、混血で元のら犬だけど美しくて博愛主義の母との間に生まれたマロナは、同時に生まれた9匹の末っ子で、「ナイン」と呼ばれていました。このハート型の鼻を持つ小さな犬は、生まれてすぐ彼女の家族から引き離され、曲芸師マノーレの手にわたります。マノーレはこの小さな犬にアナと名付け、アナにとっても、幸せな日々が訪れたかに思えましたが……

scene01

さながら動く前衛芸術

 『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のプロデューサーであるロン・ディエンスと、アニメ界最高峰のアヌシー国際アニメーション映画祭最高賞受賞歴を誇るアンカ・ダミアン監督のもと、ルイ・ヴイトンの「トラベルブック」シリーズ・パリ編で知られるブレヒト・エヴェンス、グラミー賞アーティスト、ゴティエのミュージック・クリップを手掛けたジナ・トーステンセン、ボローニャ国際児童図書展で国際賞受賞のイラストレーター、サラ・マゼッティといったアニメーターが作り上げた映像はまさに動く前衛芸術。特にクライマックスでのマロナの視点で描かれた2Dと3Dを融合させた描写は圧巻で、映画表現の歴史に刻まれるべきシーンとなっています。

幸せはほんのちっぽけなこと

 本作のもう一つの魅力は、物語性。異形で変幻自在な動きの登場人物たちは、それぞれ人間味があり、作品の中で息づいています。そんな登場人物たちとの交流を通じてマロナは成長し、自分にとって一番大切なことに思いを寄せるのです。パブロ・ピコによる主題歌「ハピネス」の歌詞には作品のテーマが色濃く出ています。“幸せはほんのちっぽけなこと とるに足らないこと ひと皿のミルク昼寝 骨をかくす場所 そして、大切な人との時間-” 。自分にとって、ともすると忘れがちな大事なことを、マロナの生涯を通じて再認識させてくれる作品です。

scene02

マロナの声 のん

cast01
女優、創作あーちすと。
1993年兵庫県生まれ。2016年公開の劇場アニメ『この世界の片隅に』で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞、高い評価を得る。音楽、アート、舞台、映画監督と活動の場を広げて活躍中。

移り替わるマロナの飼い主たちには、曲芸師マノーレに、『黒子のバスケ』火神大我をはじめ多くの人気作品に出演する小野友樹。大きく優しい工事現場監督イシュトヴァンに、人の心を落ち着ける声を持つ期待の新人、平川新士。少女ソランジュは、『スーパーカブ』で主演の小熊役に抜擢された夜道雪が担当します。

cast02

日本語版キャスト

マロナ         :のん
曲芸師マノーレ     :小野友樹
イシュトヴァン     :平川新士
ソランジュ(幼少時)  :原 涼子
ソランジュ(少女、大人):夜道 雪
イシュトヴァンの母親  :笹島かほる
イシュトヴァンの妻   :南條ひかる
医者          :川上晃二
獣医          :浅水健太朗
イシュトヴァンの妻の友人1:拝師みほ
イシュトヴァンの妻の友人2:武藤志織
ソランジュ母      :駒形友梨
ソランジュ祖父     :弦徳
通行人1        :林 瑞貴
通行人2        :福山あさき

scene03

上映劇場

【上映中】
《字幕版》《吹替版》
青森  フォーラム八戸 ※ 10/29終了
岩手  フォーラム盛岡 ※ 10/29終了
山形  フォーラム山形 ※ 10/29終了
福島  フォーラム福島 ※ 10/29終了
名古屋 名古屋シネマテーク
京都  出町座 ※ 10/23〜10/29は休映

【近日上映】
11/6~
兵庫  塚口サンサン劇場  《字幕版》《吹替版》
岡山  岡山メルパ     《字幕版》《吹替版》

12/19~
富山  ほとり座      《字幕版》《吹替版》

日程調整中
東京  凱旋上映・バリアフリー上映(調整中)

順次追加予定

前売り鑑賞券発売中

下記劇場にて特典付き前売り鑑賞券を販売しております。窓口でご購入の方には、特製A4ファイルが付きます。前売り券は一般1,500円(税込)です。

《前売り鑑賞券発売中の劇場》
フォーラム福島岡山メルパ

A4_clearfile
 

クレジット

タイトル: マロナの幻想的な物語り
英語タイトル: Marona's Fantastic Tale
仏語タイトル: L'extraordinaire voyage de Marona
監督: アンカ・ダミアン
脚本: アンゲル・ダミアン
キャラクター・デザイン: ブレヒト・エヴェンス
背景美術: ジナ・トーステンセン / サラ・マゼッティ
音楽: パブロ・ピコ
プロデューサー: アンカ・ダミアン / ロン・ディエンス(『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』) / トマス・レイヤース
(2019年 / ルーマニア・フランス・ベルギー / フランス語 / DCP / 92分)

提供: リスキット / マクザ厶 / 太秦 / カルタクリエイティブ
配給: リスキット
後援: ルーマニア大使館
協力: キャトルステラ / Stylab / げんべい商店

問い合わせ: リスキット info@riskit.jp

 

公式SNS・動画ch

Twitter: @maronas_fantasy
Facebook: @maronasfantasy
Instagram: @maronas_fantasy

Youtube: リスキットchannel
ニコニコチャンネル: Riskit公式 海外アニメチャンネル

 

海外アニメは魅力がいっぱい

 数多くの国産アニメが公開される日本では、なかなか公開の機会がなかった非英語圏のアニメですが、2019年から少し状況が変化してきました。『羅小黒戦記』、『幸福路のチー』といったアジアの作品、『失くした体』、『ディリリとパリの時間旅行』といったヨーロッパのアニメーションの秀作が次々に公開され、そのクオリティの高さが話題となりました。
 そして、アヌシー国際アニメーション映画祭でクリスタル賞(グランプリ)を受賞した『ロング・ウェイ・ノース地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督の新作『Calamity』も2021年に日本公開が決定とのこと。今後益々、海外アニメーション映画から目が離せません。

  scene04

作品資料・お問い合わせは配給会社 株式会社リスキットのページをご覧ください